脂肪吸引の方法

綺麗な女性8

脂肪吸引方法は、様々な方法があります。まず、超音脂肪波吸引です。超音波の振動で脂肪組織を分解したり、柔らかくします。欠点は、超音波による火傷や炎症が起きることがあります。超音脂肪波吸引法には、体内式と体外式の2つがあります。

体内式は超音波を発する管を皮膚から入れて、脂肪に直接超音波を照射して脂肪を柔らかくし、脂肪細胞を破壊させて吸引する方法です。管の直径が太くなり傷口が他の方法に比べると大きく、手術時間が長くなることがあります。

そして、体外式は皮膚表面から超音波を当てて脂肪を柔らかくして、管で脂肪細胞を吸引します。そして、エルコーニアレーザー脂肪吸引という方法もあります。レーザー光を皮膚表面から照射して、脂肪細胞を柔らかくして管で吸引します。

ハイパーインフレート法は、吸引前に特殊な麻酔薬を皮下脂肪に注入して、痛みを抑えながら脂肪を柔らかくします。この麻酔を使うことにより、脂肪吸引の管の操作しやすくなり、出血量を抑えながら脂肪の吸引が出来ます。

PAL脂肪吸引は、ハイパーインフレート法と、管の先を振動させて脂肪吸引する装置を使った脂肪吸引方法です。脂肪吸引管が振動し、脂肪を破砕、吸引しやすくする方法です。そのほかにも、脂肪吸引管の先から水流が出て、脂肪を分解し吸引するボディジェット脂肪吸引という方法もあります。

これは、体の負担が少ないのが特徴です。ベイザー脂肪吸引という脂肪吸引管の先端から振動エネルギーで脂肪細胞を溶かし、また硬い脂肪も柔らかくして吸引する方法もあります。

関連:美容整形で脂肪を減らせる?